桐の日時データの取り扱い方

[日時01]項目に今日の日付を置換で一気に入力しようとすると下図のようなエラーが発生します。

これは、項目の属性が文字列と日時と区別しているからです。

桐では、文字列、日時値、時間値など項目の属性によって処理形式が違うようになっています。

文字列で表示している「2015/02/03」と日時値で表示している「2015/02/04」が違うことを理解する必要があります。

20150204_1

 

下記のエラーは、[日時01]を変数「&年月日」で置換しようとした場合に発生したエラーです。

文字列「2015/02/04」は、日時項目[日時01]に代入できません。

20150204_2

test.tblは、下図のような項目属性に定義されています。

20150204_8

 

このような場合、「日時01」項目を今日の日付に置換する場合は、下記のように#日時値で置換してください。

20150204_3

 

時間値を置換する場合。

20150204_5

また、時間項目を置換する場合は、#日時値の中から時刻の値のみを取出して置換します。

20150204_6

 

注意していただきたいのは、表示形式です。

下図のように[日時01]のデータには、日付と時間がセットになって代入されています。

20150204_4

 

そのデータをどのように表示するかは、[属性]の[項目の表示条件]で設定してください。

20150204_7

 


▼個別指導:桐技術サポートについて

サポートをご希望の方は、

下記のお問い合わせフォームのメッセージ本文欄に「桐サポート」とご記入の上お申込ください。

お問い合わせフォーム

桐技術サポート料金表

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)