xdw(拡張子) ファイルを開く方法:DocuWorks Viewer

xdw(拡張子)は、富士ゼロックスの複合機でスキャンした時にできるファイル形式です。

xdw(拡張子)ファイルは、富士ゼロックス社の複合機でスキャンしたときに作成されるファイル形式です。

富士ゼロックスの複合機でスキャンしたファイル(xdw)を開くには、下記のビューアーソフトを利用すると開くことができます。


index-img-01


[使用許諾条件に同意しダウンロード]を押して、ダウンロードしてください。

富士ゼロックス DocuWorks Viewer Light 9 日本語版 」 無料ダウンロード


[広告]

 

スキャンしたPDFファイルを顧客別にフォルダ管理するには

スキャンしたPDFファイルや受信したFAXファイルを顧客別にフォルダ管理するには、Excel連携データベース[カードボックス BARI ]を使うと便利です。

次のような手順で行ってください。

  1. 顧客データベースを作成する。
  2. 顧客台帳の[関連フォルダ]ボタンをクリックする。
  3. PDFファイルやFAXファイルなど関連フォルダに移動する。
  4. [関連フォルダ]ボタンを押すと顧客フォルダが開きます。

 

取引先ごとに受信ファイルを フォルダ管理するには、Excel連携データベース[カードボックス BARI]を使って、顧客名簿をデータベース化します。

カードボックス BARI は、顧客名簿別に専用フォルダを開きます。

 

スキャンしたPDFファイルなどの顧客別のファイルを整理するのに便利です。

 

[関連フォルダ]をクリックするだけで、顧客専用のフォルダが開きます。

フォルダは、管理番号と顧客名を組み合わせた形式(例:000001_佐藤花子)で自動的に作成されます。このフォルダに、関連するファイルをコピーすると、顧客別にファイル管理を管理できます。

 

詳しい説明は、下記のページを参照してください。

 

カードボックス BARI は、自分で作るデータベースです。

カードボックス BARI は、AccessデータベースとExcelを連携して活用する、ユーザーが設定するデータベースシステムです。




 

管理項目は、簡単に設定できますので、すぐに運用可能です。

 

顧客名簿の検索は、とても簡単

カードボックス一覧画面上部の検索条件を入力して[検索実行]ボタンを押してください。

 

検索条件は、下の画面で、ユーザーが自由に設定することができます。

 

フィルター機能を使って、絞り込むこともできます。

 

カードボックス BARI と Excel連携

データをExcelのファイル形式で出力できます。ファイルは[関連フォルダ]に出力します。

出力ファイルレイアウトは、ユーザーで自由に作成できます。出力後、Excelで編集可能です。

 

カードボックス BARI ダウンロード

ダウンロードは、下記のボタンを押して行ってください。




[広告]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)