エクセルシートに独自メニューを組み込む方法

プログラム概要

エクセルで作ったシートをもっと使いやすくするために「メニュー」を作成しました。

プログラムコードは、オープンにしていますのでご利用ください。

動作は、次の通りです。

1.[メインメニュー]ボタンを押すと、メインメニューフォームが開きます。

2.[Sheet2を表示する]ボタンを押すと、Sheet2が前面に表示されます。

3.[システムを終了する]ボタンを押すと、確認画面を表示して、システムを終了します。

 

PC9_3583

 

[Sheet2を表示する]ボタンを押した場合

Sheet2が、前面に表示されます。

PC9_3584

[Sheet3を表示する]ボタンを押した場合

PC9_3585

 

[システムを終了する]ボタンを押した場合

画面確認後、エクセルを終了します。

PC9_3586

プログラムを変更する場合

プログラムを変更する場合は、[開発タブ]のVisual Basic を押してください。

PC9_3587

 

開発タブが、表示されていない方は、こちらの「リボンに開発ダブを表示するには?」を参照して設定してください。

 

[F_メインメニュー]に記述されたコードについて

PC9_3588

 

[Sheet2を表示する]ボタンを押した場合

Private Sub cmdMenu02_Click()

Worksheets(“Sheet2”).Activate

End Sub

▼説明

[Sheet2を表示する]が押された時に実行する、手続きを記述しています。

1.ワークシート2をアクティブにしなさい。

 

[システムを終了する]ボタンを押した場合

Private Sub cmdMenu99_Click()
Dim wMsg As Integer

wMsg = MsgBox(“システムを終了します。よろしいですか?”, vbYesNo + vbQuestion, “確認”)

If wMsg = vbYes Then
Application.Quit
End If
End Sub

▼説明

[システムを終了する]が押された時に実行する、手続きを記述しています。

1.使用する変数を宣言します。

2.メッセージボックスを表示して、押された結果をwMSGという変数に入れなさい。

3.wMSGの値がYesなら、アプリケーションを終了しなさい。

 

以上が、このプログラムの内容です。

 

サンプルプログラムをご要望の方は、下の[無料ダウンロード]ボタンを押してください

bt01_on

 

この記事がお役に立ちましたら、はてなブックマーク等で共有して頂けると、大変うれしく投稿のはげみになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)