エクスプローラやWindows8.1タスクバーが固まる現象は、Windows Updateが原因?

Windows8.1で急に重くなりタスクバーが固まる現象が頻発しています。私だけの現象かと思い、最近インストールしたドライバーなどをアンインストールしたりして原因を調査中だったのですが、友人も同様の症状を経験していたので、原因をググってみました。

どうも一番疑わしいのは、Windows Update KB303389のようです。

【対策1】

1.Windows Update KB303389 をアンインストールする。

2.Windows Update を手動更新に切り替える。

【対策2】

1.Windows Update KB303389 の対策用ソフトウェアをインストールする。

20150412_4

【対策1】の更新手順

1.コントロールパネルのプログラムと機能でインストールされた更新プログラムを表示します。

2.KB303389のセキュリティ更新プログラムをアンインストールします。

20150412_1

 

3.アンインストールした後は、Windows Updateの自動更新を停止しておかないと、再度自動的にインストールされてしまいます。

4.PC設定の変更の保守と管理でWindows Updateを手動更新に変更してください。

20150412_2

 

【対策2】の更新手順

マイクロソフトもこの現象を認識しており、更新プログラムを準備しております。

20150412_3

 

KB3033889の対策プログラム

「3033889の更新プログラムが Windows のエクスプローラーで、日本語、韓国語、または簡体字 IME を使用するシステムに応答を停止するには」

 

1.下のリンク先から、Windows用修正プログラム(KB3048778)をダウンロードして、インストールしてください。

image1_s

https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/3048778

 

2.下のような確認画面が表示されますので、「はい」を押してください。

20150412_4

 

どうも、これで解決したようです

 

※編集後記

実は、本当に大変だったんです。ちょうど2015/03/12頃、拡張用のセカンドモニター用にUSB変換ケーブルを購入して、そのドライバーのインストール説明書が中国語だったため、最初に疑ったのはこの中国製ドライバーでした。(中国の方すみません)

 

それと、本来なら全く疑われる余地のないUSB電源供給のスピーカーまで疑われてしまって、固まる時にスピーカーから「ブッ、ブッ」って音がするもんだから、サンワサプライさんにはとんだ濡れ衣をかけてしまいました。(直接の苦情は申しておりません)

 

Windowsって色々なメーカーが共存している環境なので、すべのユーザーが全く違う環境なんですよね。Appleのように自社で統一できれば、こんなトラブルはないのでしょうが!Microsoftさんの努力と皆さんの協力でWindowsの環境は、成り立っているのでしょう。感謝しています。

モニターを買い替えました。

古いモニターを利用して、マルチディスプレイの設定をしていたものですから、接続はVGA端子でした。そのモニターも寿命が来まして、新しいものに買い替えました。接続方法をHDMI端子に変え、USB端子を変換するドライバー不要になり、パソコンも安定して動作しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)