AccessをSharePointを使ってクラウドで運用する方法について

Microsoft Accessで開発したシステムを遠隔地間でデータ共有して運用する方法について

 

Accessで作成したシステムは、下記のパーツで構成されています。

・データテーブル

・フォーム画面

・印刷レポート

・マクロ/モジュール/プログラムコード

20150406_5

すべてのパーツをクラウドに置くのではなく、共有する必要のあるテーブルだけをSharePointを使って管理し、その他のフォーム画面/印刷レポート/プログラムコードなどは、ローカルのコンピュータ内にセットします。

 

このようなシステム構成にすることにより、Accessで開発したプログラムをそのまま再利用して、データをクラウド化することができます。


20150406_1
データ共有には、Microsoft Office 365 の SharePoint を使用します。

20150406_2

AccessをSharePointでデータ共有するメリット

・ プログラムコードや画面フォームなどAccessの開発資産を再利用できます。

・ Microsoft の高度なセキュリティーにより安全性が保たれます。

・ プログラムコードは、Visual Basicで作成していますので、多くの技術者がいます。

・ Microsoft Excel との連携が容易です。

 

Accessで開発したシステムをOffice 365 のSharePointに移設しても、今までと同様の操作性を維持できます。

20150406_6

 

Office 365 の Share Point は、下記のような設定なります。

20150406_7

1.Office 365 のサイトに業務用のチームサイトを作成します。

2.チームサイトにAccessのデータテーブルをSharePointにカスタムリストで作成します。

3.AccessのプログラムをSharePointのカスタムリストにリンク設定します。

 

システムのお問い合わせについて

システムをご相談いただく場合は、お客様の画面を共有して打合せをする方法を推奨いたしております。画面共有するには、下の「インターネット保守」ページのプログラムをダウンロードしてセットしてください。

20150406_8
※画面共有プログラムは、TeamViewerを使用しております。
 



20160401_3

 

Excelを使っている方は、見てください。

便利な Excel ですが、罫線ワープロになっていませんか?

データベースで管理して、Excel で印刷するとユーザーが自由にカスタマイズすることができます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です