エクセルで伝票を整理するためのデータベースの作り方

エクセルで伝票を整理するには、データベースを作る

エクセルで伝票を整理しようと思って、下のような画面を作ってはダメです。

これでは、伝票データの整理はできません。

 

印刷書式にデータを登録するのではなく、データシートと印刷書式シートを分けることが大切です。

「エクセル伝票 GANE」を使うと、エクセルで簡単に伝票を管理することが出来ます。

20141113_1



[広告]


 

Excelで伝票データベースを作成する場合

 

印刷レイアウトを意識してシートを作成するのではなく、データベースを意識してシートを作成してください。

その場合、1行が1枚の伝票になるようにデータシートを作成します。

1枚の伝票に必要な項目は、下記のようになります。

 

【伝票の上部(表題)/下部(摘要)】

伝票番号、日付、郵便番号、住所、得意先名、合計金額、摘要

 

【伝票明細】

1行目:商品名、数量、単位、単価、金額、備考

(2行目から6行目まで同じ項目を繰り返します)

このような場合、1行のデータを1枚の伝票にするために、次のように項目を設定します。

商品名1、数量1、単位1、単価1、金額1、備考1、商品名2、数量2、単位2、単価2、金額2、備考2、・・・・・・・・・・

 

20151211_6

伝票編集画面

1枚の伝票(1行のデータ)をフォームに表示すると下図のようになります。

20151211_3

印刷シート

印刷書式は、エクセルシートに作成します。フォントサイズや罫線レイアウトは、書式設定プロパティで変更してください。

20151211_7

 

(請求書/納品書)
20151211_4
宛名ラベル
20151211_5

このような一連の操作をプログラムにまとめたのが、「エクセル伝票 GANE」です。

「エクセル伝票 GANE」は、ユーザー様が自由に伝票書式を作成することが出来ます。

エクセルのシートを追加して印刷書式を作成すると、ユーザー様独自のレイアウトが可能です。

 

20151211_2

 

20160531_1

 

[広告]


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)