Windows 10、仮想デスクトップ機能が使えるようになった

Windows 10には標準で仮想デスクトップ機能が搭載された。「仮想デスクトップ」とは、1つのディスプレイでも、マルチディスプレイ環境のように複数のデスクトップを利用する機能のこと。ディスプレイは1つなので、当然切り替えて利用することになる。

05-01_588x

 

 

CPUのスピードが上がり、管理メモリーが増えると1台のコンピュータで複数の処理が可能になります。まだまだ開発することはたくさんあります。

WS000002

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)