KD1335:メモリ不足です(ドライバ)仮想メモリが確保てきません

桐でフォームを開こうとすると下のようなエラーが発生する現象の報告です。

▼動作環境は、下記の通りです。

桐Ver.10

Windows 8.1

N:ドライブは、他のパソコンのドライブを共有設定

 

▼エラー発生時の現象

1.正常に動作するときと、しないときがある。

2.一度、正常に動作すると、そのあとはエラーが発生しない。

20160302_7

このような場合には、どのように対処したらよいでしょうか?

続きを読む

Accessのデータベースを桐で操作する方法について (2)

桐でAccessのデータベースを操作するには、Windows のシステムに Access データベスと接続するドライバーを作成する必要があります。標準では、Access 2000 (mdb)形式のデータベースに接続するドライバーしかセットされていないようです。

コントロールパネルを開きます。

20160126_13 続きを読む

Accessのデータベースを桐で操作する方法について (1)

Microsoft Access のデータベースを桐で操作する方法について説明します。

 

【操作手順】

1.桐のデータを Access のデータベース形式に変換します。

2.Access のデータベースに接続するドライバー(ODBC)を作成します。

3.桐の[外部DB]を使って Access のデータベースに接続します。

20160126_01
続きを読む

「表ファイルが壊れています」の復旧方法について

 

表を正常に閉じないまま、桐を強制終了したりすると、表ファイルが壊れる場合があります。

こんな時のために、桐には「表の検査/修復」というツールが準備されています。

 

このツールを使って壊れた表を修復することが出来ます。

20150913_1

 

続きを読む

桐のエラー「データファイルが壊れています!」

他社が開発した桐の販売管理システムでエラーが出て、システムが停止している状況です。お客様よりシステム復旧の依頼がありましたが、どうしても、リモート操作ではエラーが取れないので、お客様の現地に行ってきました。

格闘すること2時間、解決のきっかけは、1時間50分で現れました。

システム構成は、下記の通りです。

デスクトップPC x 2台、外部持出し用ノートPC x 1台の端末で、共有ハードディスクにデータを置いて運用しています。

エラーは、突然「他のユーザーが使用中です。ログインできません。」のメッセージでした。

※エラー画面は、都合により公開できません。

20150418_1 続きを読む

桐で顧客(顧客コード)別にフォルダを開く方法

フォルダを開くには、[explorer.exe]を実行します。

c:\windowsフォルダ内の explorer.exe をダブルクリックして実行してみてください。

C:ドライブ内のファイルが表示されると思います。

 

20150307_1

指定のフォルダを開く場合は、後ろにドライブやフォルダ名を記述します。

例)explorer.exe c:\work

続きを読む